カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

撥水性能について

雨傘用の生地として現在一般的なのはポリエステルです。これはポリエステルの繊維が高い撥水性能を持つ為です。
ポリエステル繊維は甲州織の先染めの生地、紳士用高撥水性能のツインバリア等で使用されています。
甲州織両面無地の生地は表と裏で別の色の糸を使って色違いになっています。これは二重織で実現しているので、
厚手であるのと同時に生地が高密度であるといえます。ただし繊維が太いのでツインバリアなどの高撥水性能
の生地に比べると密度が低いので、撥水加工を施しています。
またツインバリア等の高撥水性能の生地は、細いポリエステル繊維を起毛する事によって繊維密度を上げるのと同時に“蓮の葉効果”によって撥水性能を高めています。その為、生地は薄くても高い撥水性能を持っています。
この生地の撥水性能は生地表面が汚れたり、擦り減ってくると低下します。理由は繊維の起毛が減少する事により
撥水性が低下するためです。この様な生地のメンテナンスは生地表面の起毛を復活させる事が肝心です。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100009523&eid=53