カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

傘の種類と加工について

雨傘

目の細かい防水性の高い生地を使用し、防水加工を施した生地が使用されています。自動的に開く(ジャンプ)など機能を持たせたものが多い傾向にあります。

晴雨兼用

晴雨兼用傘は生地の素材や柄を生かしデザインを重視して傘に仕上げたものです。生地には防水加工が施されていますが、雨傘ほど防水性は高くありません。その為強い雨の中での長時間の使用はお奨めしません。

日傘(パラソル)

日傘は直射日光を防ぐ目的で使用されます。レース地など、通気性を持つものもあり、防水効果は期待できません。

防水加工について

防水加工は生地に薬品等を染み込ませ雨を通さない加工を施したものです。傘では生地を型裁断、縫製加工をする前に防水加工をします。その為、縫製による針孔から雨が染み込む場合があります。

UV防止

UVとは英語のUltraViolet(日本語では紫外線)の事です。日傘で使われているUV防止は日光に含まれる紫外線を防ぐ事です。

UV防止加工

UV防止の為に手を加えることです。傘生地に紫外線透過率を下げる為に薬品を塗布したり、生地を厚くする方法があります。

ページトップへ